2019年08月26日更新

投資に向く人・向かない人の特徴

重要なのは金銭感覚

貯金箱投資には向き不向きがあることをご存知でしょうか。そもそも投資には絶対ということはなく、つぎ込んだ資金が目減りするリスクも当然ながら伴うことになります。それでは具体的にどのような人が投資に向いているのかという点が興味関心のところかもしれません。いくつかの点に注目することが必要ですが、まず第一に金銭感覚に長けていることが求められます。「収入が多い人が投資に向く」と思われがちですが決してそのようなことはありません。収入に恵まれていても毎月貯金する習慣がない人は投資に向いているとはいえないでしょう。反対に収入が少なくても、計画性をしっかり持って毎月一定の貯金ができる人が投資に向いてます。

メンタルコントロールも大事

メンタルコントロールの大事さをアピールする男性投資の向き不向きを考える場合には、性格も重要な要素といえるでしょう。一般的にはメンタルコントロールが上手な人ほど投資では好結果を残すことができるといわれます。マーケットの値動きに一喜一憂することなく、じっくりと相場を見ることができる人こそが結果的には満足の行く結果を残すことができるのではないでしょうか。相場が自らの予想と逆の動きをした時に、慌てて手仕舞をしてしまうようでは、いつまで経っても投資で勝利をおさめるのは難しいと言わざるを得ません。根拠のない予想や目先の値動きなどに翻弄されることになってしまい、冷静な行動もできなくなります。これでは投資には向かないといわざるを得ません。

不謹慎に聞こえるかもしれませんが「お金が好き」というのも、投資で成功する人に共通している点。好きなことには主体的に取り組むのが人間の特徴です。一方、投資で失敗する人の多くが、お金に興味を持たない人といえます。興味がなければ値動きにも無関心となり、塩漬け状態になってしまいがちです。

おすすめの投資顧問

腕利きのアナリスト「なかなか怖くて投資を始めることができない」という人も、多くいるかもしれません。確かに投資をスタートするには、少なく見積もっても数十万円単位の資金が必要であり、勇気ある決断が必要といえるでしょう。株式の売買をするには、決断したり判断したりする能力が求められます。いいかえれば、そのような能力を持っている人が投資に向いているといえるのではないでしょうか。自らさまざまな情報を入手し、売買のタイミングを見つけて、実行することが何よりも重要です。自分が投資に向いていると思えば、ミリオンストック投資顧問での投資がおすすめです。腕利きのアナリストによるアドバイスがもらえることもさることながら、的確な投資判断にも定評があります。

関連記事